--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04/13 : 「立派」であろうとしない。

「立派さ」を求めようとしないこと。

近頃、また、よく思うことです。

04/08 : 「一人」をちゃんと。

「楽しめるものは楽しみ、
苦しまなければならないものは、
苦しんで生きて行きましょう」



宮沢賢治が、ある人に送った手紙の中の言葉だそうです。

04/06 : インターネット・サポートブック

「うぇぶサポ」

PCや携帯電話から作成できるインターネット・サポートブック。
自閉症・発達障害などの特性を有する人、家族、理解や支援を
必要としている人が、周囲への情報共有化を図るために使えます。

04/04 : 旧きをめくって。


■コンセンサスをつくる
「企業や社会は、もたらす『良いこと』とあわせて
『よくないこと』も提示し、社会の合意を得ることになった。」

04/03 : タダシイに、感ず。

1_1
「ええ、可笑しいです。ククッククッ…いけませんか?」

20年以上も前、当時勤めていた会社の同僚の結婚式、
教会での話です。

03/31 : 解く。開く。


行列などの順番待ちや待ち時間で、他者に話かけられたとき、あなたなら?

03/28 : 誰を笑う?


自分をすこんと笑う場所。

野菜を買ってから小町通り行くか、小町通りの帰りに野菜を買うか、
さぁ、あなたはどっち?

03/26 : 美味応援。


横浜(住)だけど、鎌倉野菜。

明日、鎌倉駅の近くで野菜売ってます。

03/24 : 「好き」の時間のさすところ。


たとえば、本。

インターネットで、本をよく買う人がいるとして、
その人は、ふだん書店にも出向いて、よく本を買うのだろうか?

03/22 : 生命に、笑え、和め、ズゥ~。

chinpan
野毛山動物園、20011年4月1日、開園60周年。
(写真は、サイトからごめんネ転載)

03/18 : 動機と接点。

「Operation Tomodachi」(友達作戦)

ネーミングって、あらためて大事だなと思うし、
いいものだなぁと思いますね。

03/17 : 声は、機会。


「私たちにも、恩返し、応援する機会をください」

過去の地震、津波への日本の多大な支援に感謝しながら、
今度は、自分たちが手を差し伸べたいと答えていた、インドネシアの高官。

03/17 : つくる、声。

YOMIURI ONLINEの記事から

03/16 : 探し物はなんですか♪


ぞろぞろ、ずらり。

駅前から家路に向かう、あの人この人の両手には、スーパーのレジ袋が。
地元のSSには、えっ…?! 給油待ち500m?先が見えん・・・に遭遇。
なんと言われても必要なものは必要? 車は油がなければ動かない。

03/15 : 「機会」・・・弱さを、強さに。


「開く」ことの機会を与えられている。どんなときにも。

どんなときにも、春は来るのですね。
近くの公園の土手では、早春の桜が開き始めています。


子どもたちを守るための防災知識。
「防災ハンドブック」(日本自閉症協会)など、
非常時に備えた知識・意識づくりに役立つ情報を
こちらに載せましたので、よろしければご一読を。

03/13 : 息する街。


近所の周辺4店舗のうち、1店舗は100m以上の行列、残り3店舗は品切れによる閉店。

ガソリンスタンドの話です。

03/12 : 思い出して「しまう」こと、忘れたくないもの。

横浜市液状化マップ

がんばれ、東北。がんばれ、日本。
あちこちで自然のエネルギーが炸裂した、昨日~今朝のニッポン列島。

03/11 : 出口の接点。


「紙の袋と、ふつうの袋(ポリ?…なんて言っていたかな?)と、
どちらになさいますか?」

03/10 : ドゥー、ビー、ブラザーズ…ん?

1/2hama
苦労してこさえた原稿を,目の前でビリビリビリっと。

03/04 : みえるもの。


みてしまう。みえてしまう。

特別、意識しなくとも、つい心の眼が向く場所、もの、こと。
人それぞれであるのでしょう。

02/25 : イメージ。


「沖縄飲料」

なんとなく、効きそう?

02/17 : 名前で建つ、名前が立つ。


私の名前で出ています♪

「栗原はるみ」さん

02/15 : 御印に在らず。

「障害」

自らの文面に用いるとき、「障がい」でも、「障碍」でもなく、
意識的に「障害」と記しています。

02/11 : LIFE20



先日、子どものよき応援者であった義母が逝った。

01/26 : 「『はやぶさ』から観た宇宙」講演会(無料)へのお誘い


神奈川新聞 掲載記事

お申込・お問合せは、こちらからお気軽に。

01/24 : <「はやぶさ」から観た宇宙> ~講演会(無料)のお知らせ~



「はやぶさ」から観た宇宙
~未来に向かって~

講 師: 國中 均 氏

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
profile
昭和63年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了、工学博士。
現在、宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所宇宙輸送工学研究系教授。
マイクロ波放電式イオンエンジンを研究開発し、「はやぶさ」に応用して
地球、小惑星間往復航行を達豪州にてカプセル回収作業を陣頭指揮。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

個人活動で参加している、
「かまくら笑ん座」が主催する講演会のお知らせです。
http://blog.canpan.info/kamakura_enza/
日時は、2/6の日曜日、場所は、鎌倉市のレイ・ウェル鎌倉ホール

12/28 : ムリヤリ尻軽、足軽の効用。


常日頃から、アンテナを立てる。

と、言ったりするけれど、当事者意識をかきたて、半ば強引にでも
「現場」に出かけてみることで、立つ、ひろがる、アンテナもある。

12/26 : 無我無邪気。


いろんな想いが、いい具合に場の時間に溶けていく。

ただただ、その場を楽しむ。
単細胞に、場を面白がることの快感、尊さを再体験した時間。

12/12 : ハッと、パっと、ぎゅっと。

海で溺れかけているとき、さて、どうするか?

12/10 : 腹の底から。

腹の眼、腹の耳。