--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02/17 : 意に集う。異が集う。


メディカルビル、クリニックビル、医療ビル。


ここ数年、気にかけてはいましたが、近頃とみに増えた感があります。
同業、関連分野が一堂に集い、存在や機能・特性を再構築して見せていく。

連携体制や効率性、情報の共有化。
なにかを提供する側と受け入れる側、いずれにもメリットがあり、
その価値について即座に気づく。

こうしたことは、医の分野に限らず、
おそらくは各様のかたちで在るのだと思います。
地域単位での取り組みや業界内、垣根を越えた取り組みなど
農・工・商…いろいろなのでしょう。

道を歩いていて、上記のビルやサインがやたらと目に飛び込んでくるのは、
どんな時代なのか、ということにつながることでもあるのかな。
ということと、

「タバコ屋の看板は、タバコを吸う人にしか見えない」。

そういうこともあるのだろうと思ったりするのです。

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示