--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/26 : 身近に目立つ、上の人。






昨日も、今日も、FM横浜の朝の番組でこの人が出ていた。

G30の効果で、近隣のごみ焼却施設2ヶ所が来年、休止になるのだとか。
これで1,100億円の経費削減ができるのだとか。ちゃう?
年末の広報活動にますます大忙しといった感じです。

毎朝、流し聞いているFM横浜の番組内に、
月曜日レギュラーコーナーをもっています。
気がつくと、あっちこっちのメディアで見聞きした…ような錯覚に陥る。

そういう意味では、中田市長は身近な存在と言えます。
ほんとうに身近なのかどうかはともかくも、トップがメディアや公の場に
身をさらすことの価値を心得ていることは確か。

上のチラシは、中田・横浜市長が初めて市長選に討って出たときのもの。
確か時間がないとこで急場で名乗りをあげた。
配布されたチラシを手にして、おんどろいた。
えっ、誰?
顔写真…あの選挙ポスターでおなじみの笑顔でポーズのお写真がない。
名前がない。
その中で、ビジョンと市長選への想いがスローガン化されて届けられている。
キャラクターは、課長・島耕作(当時)っぽい。

松下政経塾出身…確か、中田某さんとか言ってたな。
ライバルは、現職で4選をねらう高秀さん。その人を相手に、いきなり出てきて
顔なしかいな。だからこそ、奇襲をねらった?
というより、選挙無関心層を期待感で取り込んだ。

で、中田さんだよね? そうだよね? 気になるねぇ。
投票所の前にポスター掲示板があったな。
確認しなきゃな。あらら、見事に術にハマった。
広報ブレーンは誰よ? 電通? 博報堂? PRコンサルタント?…
知らないけれど、やるものですねぇ。

市長就任以来、広報に惜しみない?力を注ぐな中田さん。
トップの想いや行いを伝えて、相手にとって自分がどう映るか。
そのことでどんな影響や効果をもたらすのかを心得ている。

社長広告、社長広報=トップ広報は、広報戦術に長けた大企業なら
これまでずっとやってきた特段、目新しいものではないし、
今年辺りはここに社長ブログというものが手法として加わっただけの話。
また、人が目立つということは、いいことばかりではなく、必ず悪しき方に
見ようという人もいます。実際に正しいことばかりではないだろうし。

でも、広報として肝心なのは、継続してトップが想いを伝えていくことで、
個人や企業や組織としての存在を、近いと遠い。好きと嫌い。
さてどちらで相手のウエイトが高まっていくことだろうか、
ということです。この辺りは、ますます声の温度差が企業によって
でてくるのだと思います。

さて、中田市長、私の周りではあと一期勤めて、中央に返り咲くとの声が
ありますが、どうなんでしょう?

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示