--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06/20 : コトバリキ【6】


雨足がおさまった日曜日の早朝の農園。

急坂を登った小山の上に、霞がかる緑と土の居場所が拓けています。
発達の凹凸などの特性をもつ子どもたちの当事者家族が主催し、
元教師だった土地の持ち主や農業指導者、様々な人たちが応援し、
施設を運営したり、鎌倉で親子の活動をする各団体が出入りする父子の農園です。
ふだんは父たちが、スキ・クワ・スコップを手に、時にはユンボも使い、
農に汗を流しています。

個人的には、大した作業はできませんが、農の営みの心地よさをいただく場所。
そこに、想いある人たちが居る。
早朝に淡々黙々と汗を流し、午前中にぱっと散る。
時のリズムと、場を通して、人の体温を受けとります。



案納芋の苗付けをしながら、汗をふき手を休めれば、
うぐいすが、ホ~ホケキョ♪
週末の朝の喜びの味わいにございます。


イモも豊作。
出来がよろしゅうございます。

★これまでの「コトバリキ!」たちも、どうぞよろしく。

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示