--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03/10 : ドゥー、ビー、ブラザーズ…ん?

1/2hama
苦労してこさえた原稿を,目の前でビリビリビリっと。

破ったのは、上司に当たるCD(クリエイティブ・ディレクター)で、
破られたのは、部下の若手C(コピーライター)。

もう20年以上…も前のことでしょうか。
出入りしていた大手広告代理店で目にした光景です。

破る側は、平然淡々と理由を説明しながら、破る。
破られる側は、淡々を装うものの、みるみる形相が変わる。
周囲は、よくではないけれど、業務に付物の過程と、
それなりに張り詰めた空気を感じながらも、やりすごす。

そりゃ、Doing(行為)を超えた、Being(存在)の否定として、
破られた方が受けとるのは、自然のこと。
これに近いことは、それぞれの仕事場で経験あっただろうし、
当事者でやられた時にゃぁ、上司×部下とか、教えられているとか、
そんなことより、正直、ムカっ腹が先立つし、
瞬時に「いい勉強をさせてもらってます」なんて、
スンバらしい人間性も出ないし、
そもそも、なにかをこさえる人の特性からもムズかしい。


で、どっちが正しい、間違ってる、やり方が悪いとか、ということじゃなくて、
仕事場で「真っ当なシゴト」を挟んで、DoだのBeだの混在で、
上下、横横でやりあっていた時代があって、それは今だってあって、
でもどちらかというと、20年、30年前の一時代前の方が、
そんな正攻法で、堂々とした関係性が成り立っていたことが
多かったような気がしています。

言う側だって、言う自信と根拠…知識・経験の裏づけがないと言えないわけだし。
言われてイヤなら、どうだと認めさせるか、自分が相手を抜いて上に立つか、
違う部署や会社に移るか、なんでもやり様はあるわけだし。
小さなシゴト一つ、どっちかだけの正否、その答えだけ、ということじゃなく、
どっちが決定権をもってるか、ということになるのだと思います。

このドウとビーのごちゃっとしたようなこと、なるべく若いうちから
いい感じで慣れ親しんでおくと、社会での抵抗力や体力、落ち込みからの
立ち直り力とかを養えるんじゃないかなぁ。

そして、自分が使い方、発し方に感度が高くなる、ということが、
あるんじゃないかと思っています。
人×人で、影の部分が多い時代は、ことに。


それでは、永遠の名曲を。
「What a Fool Believes」(ある愚か者の場合)
ドゥービー・ブラザーズ

Comment

縁人
かんばんやさん

ごぶさたしています。

仕事場って、ほんとに百花繚乱ですよね。温厚で完全無欠の職場などというのにもお目にかかったことがない。人が二人いれば、考えや感じ方の相違で、時に摩擦も生じる。

ある人が会社を立ち上げる際に決めたルールに、「ズルとイジワルはしない」というのがあったのを思い出しました。なにをもって、言うかにもよるけれど、人間の根底にあるものを意識し合えるのなら、後はヤマアラシのジレンマの中で、お互いの心地いい距離を図っていってもいいんじゃないのかな。

大人のズルとイジワル、人に言う立場じゃないけれど、仕事・場って、「つくる」もんだと思いますね。
かんばんや
反骨心をあおるためにわざとやるような場合があると思いますが、今時はそういうことに鈍感な若者が多いのか、しばらく落ち込んであとはすっかり元通り(進歩無し)っていうパターンばかりですな。
ビリビリなんてやったら訴えられるかも。
コンサルとかも「それは人間性を否定することと同じです」とかのたまうし。
Comment post





 管理者にだけ表示