--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08/12 : バッターボックス。


まず、そこに立つ

ベンチや控えのサークルから、とにかくそこまでは自分の意思で歩き、
白線のカコミの中に立ってみる。
自分や家族や愛する誰かの居場所につながるバッターボックス。
逝く時に、なぜ、やるだけでもやってみなかったのか。
きっと後悔しながら死んでいくだろう。
たとえ、1ミリ動いて止まったとしても、あくまでも自分軸の人生で判断すればいい。
失敗は、やらぬこと。

そう思えるバッターボックスがあるのなら、やってみた方がいい。
きっと仲間が現れるはず。
自分のバッターボックスを本気で探す気構えがあっての話だが。

この人には話してみたい、という人だって、
「バッターボックス」の存在になり得るだろう。


「腹の眼、腹の耳」で、向き合える人と場をもつ。

他者だけでなく、自分に言葉を繰り返し問えば、
バッターボックスへの想いがいかほどのものかはわかる。

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示