--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08/29 : 物言う顔。

その表情に、意図あり?

夏の一日、中距離電車にたっぷりと乗車する機会があり、
その時に感じたのが、人のある表情について。
不愉快、不機嫌そうな人は、その顔つきのままでいる。
そんな人が多かった、ということ。
高崎線で乗り合わせた、推定50代後半の女性はすごかった。
暑い外から乗り込んだ、たぶん相当に不快感がたまっていたのか。
その加減をそっくり車内に持ち込んではたんまりとしかめっつらの渋々く表し、
周囲や人をしばらく見回し、手元でゴソゴソ、やがて眼を閉じる顔までもが。
降りていく顔つきまで。15分から20分。けっこう長いですよね。

全員とは言いませんが、きびし~い顔とか、しかめっつい顔、くらおも~い顔とか、
そんな顔つきの人は、そんな顔つきのまま、車中の人であり続けておいででした。
(ついでに、ずっとへらへら笑い顔の人は、さすがにいませんでした)

でも、あれ、ワザとじゃない。
でなければ、誰かとの眼の合い方ではケンカに成り兼ねません。
ふつうにみていれば、そんなことはわかるのですが、
悪気も、自ら好んでもいないのだろうけれど、
その人の「臭い」として漂ってしまう。

「無意識の意識」として表層化、固定化されてしまいがちなのが、
「表情」なのかなぁと感じた次第です。

とはいえ、むやみにニンマリしたいとは思いませんが、
時折、意識的にすぅと顔の力を抜いてやることで、
相手や自分とも威圧的でない、和らいだ面持ちを保つことができるかなと。

○○歳になったら、顔に責任をもて。
と、どこかで聞きましたが、表情に意識的で在れと、あらためて。


それにしても、早朝から深夜まで、
大船~成田空港~上野~土浦~上野~熊谷~大宮~熊谷~大船の移動は疲れました。
二度ほどめったに乗らないグリーン車に乗りましたが、
あらかじめホームの券売機に通したSuicaを座席上の天井(Suicaマーク)にタッチすれば、
グリーンランプが灯るんですね。ほほぉ!です。
(車内清算では、数百円お高いのです)

さらにほほぉ!は、一度座って、途中で隣の席に移った時があったのですが、
ランプもちゃんと移動して灯っていました。
たぶん乗務員のお姉さんが、手元の端末で変えてくれたのでしょうね。

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示