--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04/14 : 幸福のイメージ。

micro bus_1
人それぞれ、「いい場所」は違う。
置かれた環境で、めざす場所は違う。


社会的なポジションを得て、いい家に住み、高級車に乗る。
華やかに人と交わり、他者の中に自己の存在の喜びを得る。
子どもの進学や才能に、親の未来図が描かれる。
経済的には恵まれずとも、健やかな家族の暮らしを育む。
本人や家族の身体・知的ハンデ、病、世の中の偏見などと向き合い、日々をつなぐ。

意識的に、無自覚に生きた結果から、いまが在ることもあるだろうし、
努力うんぬんをこえたところで授かった、しまった環境もある。


人それぞれ、生きた分だけ、生きる道程で居場所や
「いい場所」の意味、意義は変わる。

もし、いま、お金の神様が唐突にビル・ゲイツ氏と同程度の資産額を
現金で与えてくれたとしたら(どの位かは知りませんが)。
潤沢な資金は、多くの願い事を具現化してくれることでしょう。

その中で、物心欲することはいろいろあるでしょうが、
たとえば、クルマ。
欲しいのは、フェラーリでもなければ、ベンツでも、ナントカ高級車でもなく。
マイクロバス。

車種は、「こんな願いを実現できたら」のある位置に置かれ、
めざす環境をつくり、ある人たちと生活時間・空間を共有し、
その一場面でマイクロバスが役割を担い、ハンドルを握る自分がいる。

マイクロバスは、夢に描く状況の中で前のめりに、陽気に生きたい。
その象徴とも言える。
ある夢とマイクロバスがセットになって、生きる希望や喜びにつながる。

単なる乗り物として、この車種が欲しいわけではないけれど、
それにしても「マイクロバス」が自分の時間の中で、
意識に上がってくるなんて、以前は思いもしなかったこと。
夢物語で終わるにしても、人生は妙なり。


人それぞれ、生きた分だけ、生きる道程で
「いい場所」の意味、意義は変わる。
その際、自分の中で物がさす価値も変わることもあるのです。

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示