--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/23 : タノシハツヅク


あのお店が、はや、30年。ですか。

横浜、とくに海側に住・職で縁のある人にはおなじみ?の。
中華街「チャイハネ」が出店30周年記念ファッションショー
ヨコハマ経済新聞

1店舗だけのときから知っているので、ランドマーク店(吹き抜けの階上を見上げて)が
あることを知ったときは、あら、びっくり。隔世の感あり、でした。
今や全国に30店舗弱、年商20数億円とか。
そして、フォークロアのファッションショーまで開催。

夏にも田舎の友人と中華街のお店に久々に行きましたが、
年齢に関係なく、ほぉとか、へぇとか、肩肘はらずに、
店の時間を楽しめるのがいいですなぁ。
驕りや敷居の高さ、距離感を感じたとき、人は自ずと足が向かなくなるものだから、
この店にはまだワクッするもの感じるのでしょうね。

写真の服もここで買ったものだと思いますが、たぶん20年くらいは経ってます。
いまだに着てるし、たとえ他人がどうか思ったとしても、
なんとも思わないほどに落ち着くのです。
たいした生地でも、仕立てでもなけど、こういう場合の「品質」ってなんだ?
ということも少しだけ思ったりします。

「愛着がある」
そう思わせてくれていること自体が、マイ品質なのでしょうね。
つまりは、服と着る人間が一緒につくりだす、時間。

世の中には、他人がどう思おうとも、そんなの関係ねぇ♪
というもの・ことが、確かにある。

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示