--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/27 : ■「インスパイアー」で、ファイアー?

企業の言動で、ときに首をかしげたくなるもの、と言ったら?

今時、道を歩けばその辺に落っこちているのかもしれませんが、
のまネコ問題もそうですね。
http://ohnishi.livedoor.biz/archives/50049175.html

不思議だにゃあ、大企業って。
エイベックスのしていることは確信犯だと思いますが、
長い目でみて、どんな得が企業としてあるのでしょうか?
目先の利潤より、ネットを活用したうまいタイアップや
企業ファンづくりのやり方もあったろうとは思いますが、
なぜ、いきなりこういうことになってしまうのだろう?

日本の企業は、「ソフト」「知的所有権」を大切にしない。
どころか、軽んじている、無視している
…というのは、
周囲のデザイナーからもよく聞く話で、
個人的にもイヤな思いをもしています。
この点は、個人の発想を重んじる欧米と
大きな土壌の違いがあると思います。

「のまネコ著作権について」 エイベックスは、
「『のまネコ』は、インターネット掲示板において親しまれてきた
『モナー』等のアスキーアートにインスパイヤされて映像化…」
らしきことを言ったということですが、このことがネット内で
火に油を注いだ一因にもなっているようです。

インスパイアー」ねぇ。
※【inspire】 思想・感情を吹き込むこと。鼓吹。

以前、ある人が「プレゼンの際、ちょっとごまかしを入れたいときは
横文字を盛り込んでいく」と言ったのを思い出します。
「需要と供給のアンビバレンツ(二律背反)」とか。
今回も、同じ臭いを感じます。

さらに、「皆様において『モナー』等の既存のアスキーアート・
キャラクターを使用されることを何ら制限するものではございません」と
まで言い切るところが、すごいですねぇ。

2ちゃんねるの主催者は、これを逆手にとって「のまタコ」について、
「わたしたちが、『浜崎あゆみロゴ』の利用に対して権利を
主張することは一切ありません」と発言していますが、
この辺の攻防がちょっと興味深いです。

エイベックスは、この問題をどう決着させるのか。
まま、うやむやにしていくのかな。
「インスパイアー」みたいに。

ネット内のある一部で騒然としているのに、
リアルな場ではなぜか盛り上がってこない。
ここに書いてあるような、マスコミや各企業の利害関係に絡んだ
http://www.janjan.jp/culture/0509/0509262957/1.php
問題の揉み消しやくすぶりもあるのでしょうね

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示