--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/26 : ■ことばの寄り処。

現代用語の基礎知識2006」はてなダイアリーキーワード。

なるほどねぇ と思うものがあったり、
今更これが? と感じるものがあったり。
その言葉にどう共振するのかは、
見る人の立場や生きてきた時代によっても違ってくるのでしょう。

じぶんのこと言われてるみたい、や
これは違うんでないかい、もあったりします。
ここにある言葉の是非より、
言葉とじぶんとの距離感を図ってみるのが面白いです。

「ケミカル」は、周囲でよく聞く言葉ですが、
ギリシャ語の「錬金術」を語源とするそうで、ほおほお。

「ケミカル兄弟」。略して「ケミブラ」って…
じゃぁ、あそこは文字ってなんだろう?
「ケミナロ」「ケミドリカワ」「おスギとオケミ」。。。
http://www.minaro.com/wood
ごく一部にしかわかりませんね。

Comment

みどりかわ@ミナロ
万有引力のニュートンも錬金術にハマっていたそうな。

本気で出来ると信じていたのでしょうね。
通りすがりの看板屋
>マーク・ノップラーという人は、クラプトンのバンド>にも一時、所属していたときがアルケミー?

ゲストとしてアルバムもしくはツアーに参加したんでないかい?
ミュージシャンになる前は新聞記者とか教師とかやってて、売れたときはもうハゲてたような。

錬金術師は安い金属から金をつくろうとして金はつくれなかったけどその過程でいろんな合金を発明しましたとさ。
ものづくりにおける目標ははデカイほうが良いということかな。
横浜、わざ・ものニュースサポーター
みどりかわ@ミナロさん こんにちは。

>ケミ=ドリカワ

ミド・コンドリカワ
横浜、わざ・ものニュースサポーター
通りすがりの看板屋さん こんにちは。

マーク・ノップラーという人は、クラプトンのバンドにも一時、所属していたときがアルケミー?

alchemy:中世の錬金術
みどりかわ@ミナロ
ケミカルウッドが金になる、まさに錬金術!
錬金術師はケミカルナーでいいの?

ケミ=ドリカワ
タトウィーンに住んでいそうな名前だ。
通りすがりの看板屋
alchemyといって最初に思いつくのがダイアーストレイツなんだな。
Comment post





 管理者にだけ表示