--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04/14 : まじめに、まとも。


大戸屋の「鶏と野菜の黒酢あん定食」760円(税込)

ようやく、たまたま、初めての大戸屋体験。
で、あらっ♪ ほほぉ~。

安い、早い、美味い。ではなく、遅い、美味い。
そして、安いとまでは感じなかったが、味と量的に間違いなく高くはない。
対価。お金を払うことに納得をしながら食べたのであります。
あくまでも、一注文品への個人的な感想ではありますが、
これはお店の人にとってもハッピーなことじゃないのかな。
アンケート用紙に書いてあげればよかったですね。

まぁ、こちらの舌がお安くできているのですが、さほど期待もしていませんでしたが、
しばらく(体感時間15分くらい)かかってでてきた食事は、
いい意味で裏切りってくれてラッキーでした。

遅いのは、「手づくり」を謳っているから。
チェーン店でも、加工品仕入れの温め品ではない、
又はほぼない、ということなのでしょう。

店頭ウインドウの「本日の野菜産地」のPOPも、送りバント成功で。
まじめに、まともで在ることに、なにかを感じた食の時間でした。

アンケート用紙には書かなかったけれど、たまたま接点をもった者が、
こうしてネットで今日も小さな口コミのエールを送っているわけで。

Comment

縁人
かんばんやさん

いまさら大戸屋、でも当たり前に、ふつうjに、おいしいをおいしいと感じた時間でした。
食には、力がある。
安かろうが高かろうが、そう食する人に感じさせる作り手であるか。
ちょい大仰ですが。


かんばんや
家族で出掛けて、じゃあ晩飯食って帰ろうかとなったけど何件か店を覗いて予算的にちょっときびしいなというとき。
晩飯がファミレスでは味気ないなあというときに大戸屋があるとかなりの確率で入ります。
でもビールは我慢です。
Comment post





 管理者にだけ表示