--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04/03 : アマ~~い!!


自然の甘み、サイコー♪

ふろふきで食べた浦七福大根(写真左…しかないですね)は、えら~く甘かったです。
一ヶ月以上も前の話ですが。

立ち読みした漫画本の「華中華」によれば、ダイコンの甘さは土の養分を
たっぷりと蓄えたかどうか。その前に引き抜くと辛いのだそうです。
三浦大根って、辛い(おろしなど)イメージがありましたが、いやいやいや~♪
先日は同じく、立ち読み「華中華」で三浦半島の春キャベツが旬だとか。

露店の八百屋(無許可営業?)やこじんまり八百屋で野菜を買うのが好きです。
野菜の彩り・かたちの不思議楽しさに惹かれるのと、157円とか88円とか
安半端な数字や、大ぶりこぶり、さて今夜はどっち?の迷い感覚など、
それに夕方のお店の雰囲気もいいですね。

野菜を選び買っていると、気持ちがなんだか落ち着きます。
小さく半端な数字に、小銭入れを用意して細かく出し揃える。
1円単位でお金を大切にするような心もちになります。

接してみると、いい人多いです、八百屋さん。
毎日、主婦や小さく半端な数字をきちんと相手にしているということも
関係しているのじゃないでせうか。
案外、大切だと思うのです。そういうこと。
それにしても、ぱぱっと計算&記憶力、プロとはいえすごいなぁ。

八百屋で買う、アタリの野菜・果物、小さな幸福。

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示