--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02/10 : 名力(ナヂカラ)。


名前買い。

その名の磁力に惹かれて。


本田宗一郎氏は、稀代の名経営者だったのか。

というよりは、無類の機械いじり好き、二輪・四輪好き。
愛すべき工場のオヤジだったのかもしれない。

ただこれだけは言えると思うのは、藤沢武夫氏という相棒を得る、
引きの強さと器をもっていたということ。

名参謀、総大将の器の中にこそ、在りにけり。
というところではないでしょうか。

ほんとに言ったかどうかは別にして、この藤沢氏の台詞、言えるものなら言ってみたい。
この台詞が似合う人が、いまの日本にどのくらいいるのでせうね。

企業も、店舗も、圧倒的な愛着者、共感者をもつということでは、
信者づくりは必要なことでしょう。

その前に、人だろう。
企業とかなんとかも含めて、人は人と、だろう。

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示