--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06/02 : 人生を笑おう。




目標とは本質的なものでなく、実行を楽しむための
テクニックにすぎません。
なぜなら、究極の目的はすべての問題を解決し、
戦いが100戦あれば100勝し続けることだからです。

「クリティカルワーカーの仕事力」より

その通りだと思います。
その通りとは、これは仕事についての話というよりも、
全人生の中での話に他ならないと思うからです。

人は、何のために生きるの?
死ぬまで、生きるため。
その間にできるだけの「幸福感」を得る者で在りたいため。
生きる間に、意識的に生きる実感を得たいため。

そのために、仕事とそこから得られるものが大きな関わりをもち、
支えとなるものだろうと思っています。
「得られるもの」には、物心・人との関わりが含まれるのは
いうまでもありません。

人はそれぞれにおいて、仕事や家庭での借金・トラブル、
自分や家族の健康、障害・生死など、生きるほどに大小の問題
山積みの中で暮らしています。
ある時期がんばれば、自分の力次第で解決できるものもあれば、
そうでないものも、生涯かけて正面向いて関わっていかなければ
いけないこともある。

仕事も、家族も、
相手の笑いは、私の笑い。私が笑えば、家族が笑う。
人と人との関わりの中で、自らの喜びがどこから生まれるのか。
しかないと思うのですが、その過程で起きる問題を解決していくこと。
自力や他力を借りながら。

目的や目標って、そういうことになるんだと思うのです。

アランの幸福論に、「人は幸福だから笑うのではなく、
むしろ笑うから幸福だといいたい」
そのような言葉がありましたが、「笑う」ことは、
やはりとても意識的で意欲的なことですね。


昨日、今年6度目の横浜STでしたが、最近は観戦3連敗。
ごひいきの尚典(たかのり)選手も、シーズン当初の調子が
落ち、レギュラーの座を外れることが多くなりました。
ベイスターズ復活には、彼の力が不可欠。
スタジアムの声援もひときわおっきいです。
出囃子のロック♪もかっこいい。
彼に自分を投影するかのような気持ちになりますが、
そういう人も多いのかもしれません。
人には、人を惹きつける力がある。

「昨日は、何時間生きていましたか?」(パルコ)は、
仲畑貴志さんの名コピー。

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示