--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/09 : 文豪の直球。

「負けたくないもの」
才能で負けるのは、まだ言い訳が立つ
然し、誠実・勉強・熱心・精神力で負けるのは、
恥のように思う
他では負けても、せめて誠実さと、
精神力では負けたくないと思う
武者小路 実篤

古本屋で買った本に挟み込まれていたしおりに
なにげなく目をやると書いてあった。
根底にあるものについて、異を唱える人はあまりいないだろう。

ただ言葉とは不思議なもの。
同じことを言わんとしているのに、単語や言い回し一つに
抵抗感を覚えてしまうこともある。

ただ年齢とは妙なるもの。
以前なら、「誠実」とか「精神力」とかに
ちょっぴり湿っぽいやや重感があったものだが、
今だと、それはそれで、その人なりの言い方でいのでは。
根っこに流れるものが肝心なんだから、と
受け入れる気持ちの方が強い。
ついでに「根性」なんかも抵抗感が薄れているなぁ。
いやいや、時にはやっぱたいせつって思うことも
あったりするし、たぶん。

文豪の直球な言葉が、インコースハイのストライク。

Comment

よこはまわざものPronewser
かんばんやさん

自転車で抜ける夜の街は誘惑がいっぱい。
焼き鳥の匂いが、街の猥雑さと溶け合って
手招きします。b町か、Kタウンもいいね。
かんばんや
計画段階で根性論をもちだされたらたまらんけど、実行するときは多少の根性も発揮したい。
飲みに行くには根性は不要。
Comment post





 管理者にだけ表示