--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/05 : 人に近づく? ロボット



モノ・マガジン 2006年9/16号

新聞や雑誌、TV、フリーペーパーなどで、毎日、どこかで載っているロボットの記事。
ロボット先進国・日本のものづくり、研究開発には目を見張るものがありますね。
福岡アイランドシティ(ロボット特区)というものもあるし。
通常業務の場面のみならず、レスキューや福祉活動のサポートなどにも
いろいろと技術の社会適応に向けて進んでいると聞きます。
ブリキの玩具やアニメや趣味、イベントなど、
人の暮らしへ、思考へ、夢ある関わりづくりもあれこれ。

関心のある人は、書店やコンビニへ急げ?
あの会社にも何冊かありそうな。

Comment

よこはまわざものニュース

当ブログ唯一のコメンテーター、ダース=トリオムーン@ミナロさん ようこそここへ クックックックゥ♪

ロボット [robot] という言葉、個人的にあまり居心地の響きではないので、gooの辞書で検索してみた。

カレル・チャペックが造ったんだ、ふ~ん。ほ~。
それだけだけど。
「ロボット」って従属的な感じがするよね。
ではなにがいい? 知らんけど。
久しぶりに「夏への扉」でも読んでみるか
(読む気ないけど)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
〔チェコスロバキアの作家チャペックが戯曲「人造人間」(R・U・R)中で用いた造語〕
(1)人造人間。電気・磁気・音波などにより、身体の各部を巧妙に動かしつつ種々な仕事をする人形。
(2)人間に類似した動きや形態をもち、複雑な動作をコンピューター操作により自動的に行う装置。
「産業用―」
(3)他人の指示のままに動く人。傀儡(かいらい)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ダース=トリオムーン@ミナロ
ロボットを作り続けた。

不平不満を口にすることなく
与えられた指命を着実に正確に処理する高性能な
完全な下僕達を。

「ゴシュジンサマ、ツギハナニヲシマショウカ。」

「ロボットでも作ってもらおうか。」
Comment post





 管理者にだけ表示