--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04/16 : フィールド オブ ・・・



本日は、雨。鬱陶しい日には、心地よきメモリーを。

4/13(木)のスワローズ戦。
ハマの番町・三浦が投げて、村田が打って、2-0の完封勝ち。
クルーンの出番もなし。淡々とゲームは進み、勝ちました。
観客数が少ないのが、ちょいと気になりますが、
個人的な時空間の滞在体感としては、申し訳ないが気分がいい♪

昨年から観戦試合で負けなしの5連勝。
内、三浦投手2勝。今季初勝利ではずみになればいいですな。



独特のバッティングフォーム、誰~だ?
ベイスターズファンならご存知ですね。

横浜スタジアムに行く日は、朝から気分がわくわく。
平日の夕方、関内駅を降り、市役所の前の交差点を渡り、
スタジアムの緩やかなスロープを上り、ゲートをくぐる。

観客席へと続く小階段を上がると、照明とまばらな観客と
その向こうに広がる横浜の都市風景。
いつ来ても飽きることなく、時間を泳げるフィールドのたたずまいがある。
野球場は屋根なしに限る。

学生時代、ここで幕の内弁当を売っていたときは、フィールドに背を向けて
ひたすら売って、気がつけばゲームが終わっていた。
足腰は鍛えられたが、野球の時間を楽しむなんていうことはなかった。

評論家ではなく、一観客の声を耳に野球を楽しむ。
なんでもそうだが、現場に足を運んで見聞きするというのはいいものだなぁ。
理屈抜きに、からだが心地よい。

そう言えば、今回ひとつ発見しました。
ビヤギャル(ビールの売り子のこと言いたいらしい)と野球ギャル。
(ギャル…って古いの。ま、ええか)けっこういけてるコがいます(そう見える?)。

真剣に売って、真剣に応援(ユニフォームまで着て)して、若さハツラツ。
それで容姿と笑顔が付いてきているから、魅力の相乗効果あり。

「若くて、何でも一生懸命になれるのは、それだけで才能]だ。

笑われるかもしれませんが、この子ら見ていて、本気でそう思うワケで。

Comment

横浜、わざ・ものニュース
>これで痛い目にあったこともありますが・・・。(∩_∩)ゞ

なにかを考えたり、感じ合うことができれば、長い目でみてお互いに意味のあることなのかもしれませんね。
すぎもと@ミナロ
>「若くて、何でも一生懸命になれるのは、それだけで才能]だ。

一生懸命やっている人見るとついつい応援したくなる癖があります。
これで痛い目にあったこともありますが・・・。(∩_∩)ゞ
Comment post





 管理者にだけ表示