--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/30 : 手と眼と心とからだで、秋。

金沢文庫芸術祭】   
テーマは、【手】 9/30(土) 海の公園南口休憩所周辺…あ、今日…もうやってる。

ガラスや染物、創作展示販売や籐、竹細工などのワークショップ、
フラダンスやバリダンスなどもあるとのこと。

スポンサーサイト

09/29 : 走れ!タカオカ

ん? 似たようなタイトルイの本があったな。

週末は、上海にて中国GPの開催
ぼくも、これから行って来る。(ウソだべな)
M・シューマッハとF・アロンソのタイトル争いも白熱。
個人的には、M・シューマッハにタイトルをとらせたい。

そのフェラーリマシンの足元を支えるのが、これ
タイヤじゃなくて、ホイールの話。

09/25 : 内に、在り。


「内部環境」とは、企画者が抱える状況や条件。

「外部環境」とは、企画者を取り巻く状況や条件。
なにかを企画することは、現状の打破である。
「こうなりたい」に向かって、現状を把握し、課題・目標を設定し、施策を練る。

09/24 : 唄者。




31年ぶり「つま恋」 下は「中津川」

09/23 : そのままで、その土地で。


「至福のマンゴー感」……かぁ。。。

うま、うま。許す。ライドォン!
至福かどうかはわからないけど、マンゴー好きには「マンゴー感」でいいかもね。

09/22 : ん! すごっ! 近づきたい! を“つくる”(続き)

「美しいクルマは、速い」

F1の世界で聞いたことのある言葉だ。
関係者の視点でなくたって、ある世界の速さや効率性、生産性などを
最大限に発揮するためにプロの創意工夫、技術の粋を集めて、
表現された一つのかたち。

09/21 : ん! すごっ! 近づきたい! を“つくる”



当日の授業名は、「F1の学校」。

9月中旬、近隣エリアの小学校が11月の創立30周年記念の一環として行ったもの。
「F1カーが小学校にやってきた」

09/20 : 守るが、攻め。



内野は、ベースライン上より1~1.5歩手前。外野も極端に浅い。
(写真は、記事内容とは違います)

ボールパーク(野球場)に出かけて、興味深いのはピンチの際の守備体型だ。
「ええ、こんなに前でいいのぉ」と思うくらい、前進守備を敷く。

09/19 : その辺の話も、声も拾うな。





自分の思考や行動の基となる、誰かの考え方や感じ方は、ほぼすべて本の中にある。

こういう言い切り、考え方をした方が、自分にとって心地よい。
たとえ一冊でも、一節でも、自分がこうだと共感・確信できるものがあればいい。
出会うべき情報に出会えるか否か、活かせるか否かは自分次第。それだけのことだと。
いつの頃か、そう考えるようになった。

09/16 : 肉声。

ロイヤルウイングの「社長挨拶」


あるブログを通して知ったのですが、素直で温かくて、サービス業としての
トップの人なりが届いてくる言葉だと思います。

09/12 : 歳月。



8.15も、9.11も。

昨日は、N.Yのあの事件から5年、
だった…もちろん、忘れてはいないが、良くも悪くも歳月が流してしまうものがある。

09/10 : 夏の忘れ物。



この夏、すっかり忘れてた。

ホッピー三昧。
一時期、体調の関係でお酒を控えていた際、どっかにとんでましたよ。
あ、こりゃうっかり、だったわ。
昨日、ふいに思い出して買ってきました。

09/08 : 誰が、面白い?

やっぱり一緒に酒を飲むなら、さんまさんのような上司と。

キリンビールの「お酒の飲み方アンケート」での結果だそうです。

09/07 : 早くも、テクニカルショウヨコハマ2007

神奈川県下最大の工業技術・製品に関する総合見本市。
(第28回工業技術見本市)
テクニカルショウヨコハマ2007へ行こう。

平成19年1月31日(水)~2月2日
http://www.ktpc.or.jp/tech2007/


09/05 : 人に近づく? ロボット



モノ・マガジン 2006年9/16号

新聞や雑誌、TV、フリーペーパーなどで、毎日、どこかで載っているロボットの記事。
ロボット先進国・日本のものづくり、研究開発には目を見張るものがありますね。

09/04 : フィールドがある限り、求める限り。



バッターボックスに立ち続けろ。

09/03 : 走る夕空に。



絹雲に、巻積雲に、積乱雲。おてんとさんが、茜色の筆で空を染め上げていく。

いつまにか夏が通り過ぎ、その背中に「お~い、行くのかい」と、
秋が名残惜しげに声をかける。
夕方の6時を回って、長針が下を指す前には行き交う車がライトを点す。
夜には虫の音が聞こえ、確かに季節は移り変わっていく。