--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08/31 : 遠い街角に、名が在りて。



ちょっと、寄っていけや。いっぷくしていけや。

スポンサーサイト

08/25 : 現実離れのでかさへの憧れ。

CMで観た、あの巨大ダンプを体感。

大型建設機械に体験搭乗 伊豆で親子見学会静岡県伊豆市のコマツ・テクノセンタ

08/24 : 足を運び、そこにいる。

新しいしいDVDレンタルのスタイルを提供する「DVD自動レンタル機」だそうです。

とくに文句も、これといった注文、感想はないのですが、
個人的には利用することはないだろうなぁ。

08/22 : 思い込み。

「滋賀の風景」実は青森 確認ミス パンフに誤写真

なにやってんのぉ…というより、ああ、自分も気をつけなくちゃなと。

昨日も仕事先で担当者の方が、印刷物の英語のスペル違いを役員から指摘され、
がっくしきたと話されていました。

08/21 : メロディにたたずむ街。

「今日、メシ代ないんだ。そのぶんマケて」
「しゃーないなぁ。じゃぁ、ジャスト¥○○○○にしとくよ」


この商店街の端にある店の店主と言葉を交わしながら
靴を買っていたのは、もうずいぶんと前のこと。
初めて入った会社の先輩に教えられてから、ある時期、
靴が欲しいなというときには出かけたものでした。

08/11 : 鈴鹿が消える。

やはり、厳しいようですね。

来年(以降?)、F1日本GPが鈴鹿サーキットから富士スピードウェイに変わる。

08/10 : 快適不安。

便利……確かにそうなのだが、ちょいと引きずる不安

インターネットで、物を買ったり、利用したり、申込んだり。
ブログなどやる人たちにはお手のものかもしれませんね。
たとえばこんなところに入ってこんなところを利用して、こんなものを組み合わせたとして、
ネット活用に慣れてしまうとこれまでのやり方から、その便利さは、まるでゲーム感覚。

08/08 : 欲しいものは、何ですか?



火がある。人がいる。“火”の中に、“人”がいる。

08/06 : 焼けつきた都市から、聞こえてくるもの。

昨日は、故郷の夏を想い出したが、今日はこれしかない。

八月は日本人にとって、忘れてはいけない月でもある。
八月の暑さは、あらゆる生命が生命を感じるとき。
日本人として感じとらなければいけない、夏の暑さがあるのだろう。

08/05 : 祭り囃子が聞こえる。

8月の足音が聞こえる頃になると、故郷を想う。

生活拠点を横浜に移し、北の国の頃より、もう倍近くの歳月が経つというのに。
しばらく足を向けることがないのに、夏がいつでも故郷を呼び寄せる。
会いたい、久しい友がいる。みんな、あの頃のじぶんは、元気かい?
会いたいが、唐突に町に行き、暮らしの足跡をたどり、誰にも会わずに黙って
立ち去りたい。そんな年月をはさんだ、故郷との独りよがりな浪漫的距離感もある。

08/04 : 気をつけるべき、相手。

「大学側は『女子大の名称でひるむのではなく、覇気のある男子に来てほしい』と
期待している」のだとか。


う~む。。。意味、よくわからん。
これは、ディマーケティングの変種アプローチなのかな?
なんて、ちょっと皮肉りたくなったけど。

08/03 : 工場見学、夏休み♪




スイカを食べてた夏休み♪
水撒きしたっけ夏休み♪
ヒマワリ 夕立 セミの声♪
(夏休み 吉田拓郎)