--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07/30 : 一人の旅で在るから。

「旅は、一人に限る」

学生時代、旅の好きな友人が言っていたこと。
「なぜ?」と訊ねて、答えはとくべつ変わったものではありません。

でも、面白かったのは「一人旅」と、その場にいる何人かが聞いて、
そのイメージやもつ価値観が直感的に伝わる人と、そうでない人がいたこと。
もちろん、良し悪しではなく、感じ方やとらえ方が「一人」「旅」を
フィルターにして表れやすいのだろうということです。

スポンサーサイト

07/27 : 「じゃん」から「やん」

昨日、京都の大切な友人から電話が来ました。

もう、どのくらいぶり?
こうして声と声で、言葉を交わすのは。

07/25 : 夏が来れば思い出す

横浜 山田の花火

Y2-ENGINEの「Y2」も、よこはま・やまだ(Yokohama,Yamada)。
いつからだったか知って以来のちょいと気にかけ処。
この季節になると、とくに思い出し。これからがドンっと本番ですね。
でもあちらは、昭和初期からの「横浜・山田」でした。さすが年季が違います。
屋号が「横浜 山田の花火で、社名が株式会社 山田。

07/25 : その技の先にある喜びは…

「彼らが重視するのは、『それで患者が救えるのか』という結果だけ。

「名もない企業がやっているから、とか、○○を利用しているとか、
そういうことは一切関係ないんですね」。

07/23 : 近く、開く。

夏休みに近隣で行われる、企業や学校などでのさまざまな催し物。

地域を意識した、手づくり感にあふれるコミュニケーションイベント。
ふだん入ってこない大学のチラシや、タウン紙の記事に一目。
こういうところにも、季節感が表れるのでしょう。



「IHIものづくり教室」

07/18 : 駅から、駅まで。

近頃のキヨスクには、POSシステムがある。

並み居る商品群と一緒に、ちょこんと乗っかっている。
考えてみたら、多品種・多客・多店舗の商品販売管理を一元的に行うには
うってつけの場所だよなぁ。地元駅にあるのを最近知ったのだけど、
もっと前からあってもよかったのにねぇ。

07/09 : 気の人。



気の力。

勇気。元気。覇気。根気。和気。正気。邪気。男気。気迫。気持。・・・
日本でもっとも大きな国語辞典には217通りもの「気」のつく言葉が載っている。

07/06 : 世にも美しい響き。

自分の名前。

だれでも自分の耳にいちばん届いてくるのは、自分の名前。
であると、ある心理学者の説を紹介した文を目にしたことがあります。

07/04 : 個に、在り。

三大紙のトップ面と社会面とスポーツ面が、一人の男の話題。

日本の一人のサッカー選手の現役引退発表が、紙面を賑わす。
それだけ影響を与え、存在を示した人間の証なのだろう。